ホーム  寄付のお願い  運営ブログ  掲示板  入会申し込み  お問い合わせ  リンク 

政教分離を求める会について。

政教分離を求める会とは
本会は、カルト宗教、新興宗教等による政党設立による政治への介入の廃絶、政治力をバックにした横暴、事件等の問題を改善、解決をすることを目指し、さまざまな宗教の政治への介入による問題に危機感を持った人たちが協力し問題を解決し憲法の改正により政治への介入を禁止し、より良い社会と安全で平和な日本を取り戻そうという目的から立ち上げられた組織です。

当『政教分離を求める会』は、このような主旨から、誰でも個人で参加ができる任意の団体です。
当会への参加の意思表示は当ホームページにて参加申し込みを行うようにする予定です。

本名とハンドルネーム、どちらでの参加も自由とです。
なお、本会の会費は無料です。
当面の会の運営費はおもにカンパ、寄附等でまかない、会を運営していきます。

政教分離を求める会の活動は、当面は主にインターネットと街頭での諸活動、及び講演会活動等を主たる活動として行っていきます。


政教分離を求める会の目的
『政教分離を求める会』とは、宗教の政治への介入を明確に禁じる事を目的とした団体です。

 公明党は創価学会池田大作の操り人形です。
公明党は創価学会と一体の組織であり、創価学会と公明党という二つの組織が池田大作の独裁的支配にあることは疑う余地もありません。
一人の独裁者に支配される異常な組織こそカルト集団です。

 フランスの裁判所で創価学会はカルト集団と認定された。

「創価学会の信者は指導者に盲目的に従い異常である」

 カルト創価学会は日本の社会にとって極めて危険な存在です。
そのことに危機感を持った一般有志が集まってこの創価学会の危険性を国民に啓蒙するために作られた会です。


 我々の最大の目的は創価学会を母体とする公明党の政治活動の禁止と解散を求める事です。


 「政教分離」という憲法の大原則があります。これは政治が宗教に介入しないということですが、これは同時に宗教団体も政治に介入してはならない-という事でもあります。


 しかし、創価学会などはこの「政教分離」を、自分達の都合の良いようにしか解釈しません。
「政治は宗教に介入してはいけない」と言いながら、自分達は政治に関与しているのです。


 この「政教分離」問題で、創価学会は国民には政治に参加する権利があり、信教の自由もあり結社の自由もあるので、何ら批判される謂れはないと論点をすり替えてしまっています。


 勿論一人ひとりの権利は、国民固有の権利としてこれを認め尊重するのは当たり前ですが、一つの巨大化した宗教団体が政党を作り、政権を奪取することまでをも容認している訳ではありません。


 このように書くと「それは憲法の何処に書いてあるのか?」とか、「拡大解釈だ」「勉強不足である」と批判します。
そこで我々は憲法のその箇所を改正し、はっきりとそれを明文化することを目的として活動します。
即ち宗教団体の政治活動の禁止と政党の解散です。


会の所在地
本会は、その事務所所在地を以下の場所に定めております。

〒110-0015
東京都台東区東上野6-10-7 金子ハイツ401
電話番号 03-5830-7473